暗闇ごはん

暗闇ごはん

対象

マネージャー向け研修
経営幹部向け研修
三年目向け研修

 

効果

マインドフルネス
ノンバイアス
ダイバーシティ
社内コミュニケーション活性化
チームビルディング

 

詳細

海外で試されている真っ暗な中で食事をとる「ブラインドレストラン」を、明かりを落とした薄暗闇の部屋でアイマスクを着用していただき、完全に視覚を奪われた状況を作り出します。そして、イベントご参加の注意点など簡単な説明のあと、料理が一品ずつ運ばれます。
日常では体験することのできない真の暗闇。完全に視覚を奪われた中で、 残された嗅覚、味覚、聴覚、触覚をフル回転させるためには、 ものを食べるという行為が大いに効果的です。 また、暗闇という非日常の空間で、顔の見えない相手とひとつの食卓を 共にすることも、「暗闇ごはん」を体験する人の想像力を多分に刺激することでしょう。
お出しする食事はけして豪華なものではありませんが、 暗闇の中でこそ食べて楽しい、食べて驚きのひとときであるよう、 食材や調理にも工夫を凝らしております。 先入観を取り除き、目の前のものとしっかりと向き合う体験から様々な気づきを得ることができます。

 

価格

60万円(20名まで) 所要時間2時間

 

講師

株式会社なか道 代表取締役 青江覚峰 wikipedia
日本の浄土真宗東本願寺派の僧。東京都台東区出身。
カリフォルニア州立大学フレズノ校にてMBA取得。
法名は「釈覚峰」(しゃく かくほう)で、緑泉寺の住職。